中高年ひきこもり君のための初心者最恐FX講座②/スプレッドって?

↓↓↓公式案内ページです(申込もここからですよ)

MATRIX TRADER

今回は、FX投資やっていると必ずと言っていいほど、「スプレッド」を気にする、【スプレッド】が話題になることが多い、【スプレッド】という言葉について解説します。

なにも難しいことではありません。

聞けば、「ふ~ん、そういう意味か」という程度なんです。

しかし、私がトルコリラショックで大きな損失を被った際の一因がこの「スプレッド」だったんです。

目次

1.【売り値】と【買い値】は同じでは無い

●BIDとASK

下記画像(見にくくてスイマセン)、11/2(土)早朝のニューヨーク市場クローズ時のレート(価格)です。

これを文字に直しますね。

通貨ペア   BID    ASK   

USD/JPY 108.169  108.173

EUR/JPY   120.816   120.823

GBP/JPY   139.988    140.006

AUD/JPY     74.780      74.790

NZD/JPY     69.605      69.620

CAD/JPY     82.288      82.305

ZAR/JPY       7.185        7.203

TRY/JPY      18.918      18.952

EUR/USD    1.11681   1.11687

GBP/USD    1.29407   1.29431

EUR/GBP    0.86294    0.86304

AUD/USD   0.69127    0.69137

※NZD:ニュージードル(俗称でキウイドル)

CAD:カナダドル

ZAR:(南アフリカ)ランド

TRY:トルコリラ

GBP:(英国)ポンド

この「BID」が売り参入時のレート(価格)になります。

売りで入りたいな(もしくは買いポジションを決済する時)という時はここを見ます。

逆に、「ASK」は買い参入時のレート(価格)です。

買いで入ろう(もしくは売りポジションを決済する時)という時はここを見ます。

お気づきのように、「BID」と「ASK」の値の間に少し差がありますよね。

例えばUSD/JPYで見ると、

BID 108.169

ASK 108.173

差が0.004

これを口頭で表現すると「差が4ピプスになっている」と言います。

4ピプス=0.4銭=0.004円

です。

あなたがASKの値「108.173」で買い、「ヤバイ下がりそうだ」と感じて、すぐBID「108.169」で売ったら、4ピプスの損となります。

そしてこの分がFX会社の儲けになるのです。

ちなみに、あなたがUSD/JPYの通貨ペアを「売り」ポジションで10,000通貨持っていたら、4ピプスの損は、

10,000×(-0.004)=-40円

となります

先頭に戻る

為替

●「スプレッド」とは

USD/JPYは普通の時間帯であれば3ピプス(0.3銭)程度です。

つまり、上記の例でいえば通常より1ピプス多くスプレッドが開いていた状態といえ、取引にはやや不利になっていたといえます。

参加人数が極端に減った週末終了時間帯でしたので、

「スプレッド」が開いたのだと思います。

でも、まあこの程度であればまだマシだと言えますね。

これ以上開く事の方が多いです。

週末終了(クローズド)時間帯は。

つまり「スプレッド」とはBIDとASKの差です。

それぞれの通貨ペアごとにスプレッドの適正値というものがあり、またFX会社によってもマチマチなんです。

先頭に戻る

2.【売り値】と【買い値】の間の差がスプレッド⇒FX会社の儲け!

スプレッドはFX会社の利益

先述したとおり、左の画像のちょうど真ん中に「スプレッド」の説明がされていますね。

BIDとASKの差額がスプレッド。

●スプレッドの開きには要注意

FX会社によってスプレッドは異なります。また通貨ペアごとに異なります。

そこはFX会社の腕の見せ所というか、営業努力ですね。

そして、利用者がもっとも注意しなくてはならないのが、スプレッドはマーケットが緊張状態に入った時には一気に開くことが良くある、ということです。

一気に数十ピップス開いたりするんですよ。

ただ、突然に、何か分からない間に、ということは滅多にありません。

きちんとそれなりの情報収集をしておけば滅多に、スプレッド急拡大という直撃弾をくらうことはありません。

滅多に…ということは、それなりのリスクもある、とうことです(笑)

そういうときの対処法もありますから、

きちんとルール立てて守っていけば大丈夫ですよ。

私がTRY/JPYの取引でこの直撃弾をくらって大損した時には、

想定外ほどのスプレッド急拡大に因るものでした。

そして、失敗だったのが、「ここまでスプレッド開くか?…ないだろう」という考えで、

万が一の対応を怠っていたことです。

そういう情報収集や万が一の時の為の対処法などについては、また後日記事作成します。

お名前.com デスクトップクラウド

先頭に戻る

●スプレッドが開くと、どうなる?

たとえば、USD/JPYを100円買い10,000通貨(1ロットと言います)、ポジションを持っていると仮定します。

この買い参入時の売り価格は、通常99.997円だと思います。

これが例えば、USA雇用統計の発表において、予想の半分程度の数値であったなら、一気に1円以上の下落を伴いながら、市場は緊張してしまうのでスプレッドが急拡大してしまいます。

1円の逆方向への動き + スプレッド拡大 によって提示される価格(レート)は、

BIT(売り) 98.5

ASK(買い) 98.9

となったりします。

スプレッドが40銭まで拡大したということです。

100円の1ロット【買い】ポジションですから、

いまポジション解消の決済をしてしまうと、

10,000 × (100円 - 98.5円) = -15,000円

という大きな損失となってしまうんですね。

もちろんこの逆であれば大きな収益になりえます。

しかし、こういうやり方で済まされるのは「大きな余裕資金が有る場合」に限ります。

「ま、15,000円ぐらいの損か。仕方ないね。次で取り返そう」

という余裕がなければ勧めませんね。

↓↓↓公式案内ページです(申込もここからですよ)

先頭に戻る

3.スプレッドの違いはFX会社選びの基本

スプレッド解説

この画像の通り、スプレッドの差によって、収益に大きなが生まれます。

このスプレッドが会社によって、通貨ペアによって異なりますので、

これがFX会社選びの基本と言えます。

また、FX会社によっては政治的・経済的要因によって注目されている通貨ペアを一時的にキャンペーン商品として扱い、スプレッドを一時的に縮めることもよくあります。

ですから、FX投資をやっている方は5社くらいに口座を持っている方が多いですね。

私の知人には10社に口座をもっている人も。

いずれズラリとFX会社を紹介しますのでお楽しみに。

会社ごとに特徴がありますので、それぞれの特徴もあわせて記事にしますよ。

先頭に戻る

まとめ

「スプレッド」のこと、わかりましたか(笑)

まだわからなくても結構ですよ。

これから先の取引実例の中で再度説明しますので。

やっているうちに分かってきます。

スプレッドのことは。

ただ、この段階でわかっていて欲しいのは、

ポジションとる時に、スプレッドは無視できない

ということです。

↓↓↓公式案内ページです(申込もここからですよ)

先頭に戻る

★★前回のFX記事★★

『中高年ひきこもり君のための初心者最恐FX講座①【FXって何?】』

★★次のFX記事★★

中高年ひきこもり君のための初心者最恐FX講座③【チャートって?】

こちらの記事もおススメです。

FX会社選びの参考にして下さい。

『FXで大損した私が使っていたFX会社と、初心者にお勧めのFX会社』

先頭に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする