お葬式、喪主の挨拶、大丈夫?通夜、告別式の挨拶文を代わりに作成!

↓↓↓葬儀挨拶代筆店の公式HPです

目次

ご不幸は突然やってきます

喪主のあなたは悲しんでばかりではいけません

通夜、告別式、お葬式の挨拶は喪主の役目です

友人の急な他界。弔辞があなたに任されたら…

葬儀挨拶作成代筆店ってご存知?

●『葬儀挨拶代筆店』のサービス内容

葬儀の挨拶文は代筆店にまかせましょう

まとめ

ご不幸は突然やってきます

兄弟、親、息子、娘、奥様が突然の他界。

そうです、ご不幸は突然やってきます。

ことが起きてしまった以上、

いろんな、やらねばならない事が、

いくつも貴方を襲ってきます。

親族、知人、友人、会社などへの「死亡」連絡から始って、

ご遺体の搬送、通夜、告別式をどこの葬儀社に依頼するか、

お寺さんへの連絡…etc。

あなたの周りの、

悲しみに暮れる遺族への配慮等も必要です。

いろんな、やらなければいけない事の中でも、

誰かに頼める事は、

遠慮せずに依頼しましょう。

背負うモノは、

少しでも減らしていきましょう。

先頭に戻る

喪主のあなたは悲しんでばかりではいけません

世帯の責任者である貴方は悲しんでばかりでは済みません。

依頼する葬儀社を決める際には、

葬儀内容を、業者さんへマル投げすることは、

止めましょうね。

お葬式にかかる費用が最も高いです。

そこは慎重になって下さい。

10万円台でも済んだ葬儀が、

結局は200万円かかってしまった!

なんて話はよく聞きます。

※この記事役立ちますよ。

葬式代、削れるものは削りましょう。

『葬儀屋選び間違ってる!10万円~出来る”やさしいお葬式”がお勧め』

慎重に検討して決めた葬儀屋さんとは、

しばらく打ち合わせが多くなります。

予算の範囲内であれば、

葬儀屋さんに頼めることは頼んでおきましょう。

しかし、あなたにしか出来ない事があります。

お葬式というセレモニーに来て下さった参列者への挨拶です。

この参列者への喪主としての挨拶は非常に大切です。

故人に代わっての挨拶と思って下さい。

軽はずみなことは言えませんよ。

でも、そんな精神的余裕は無い!

そう言いたくなります。

理解できます。

私も喪主の経験が2回ありますので…。

突然の不幸に、悲しんでばかりは許されない、

なんて酷いですよね。

でも、それが現実なんです。

先頭に戻る

通夜、告別式、お葬式の挨拶は喪主の大事な役目です

通夜、告別式などのお葬式というセレモニー時には、喪主の挨拶が必須です。

喪主の挨拶は、

故人の死を悼むために参列された方々への謝意を申し上げると同時に、

生前の故人がお世話になったことへのお礼を含めます。

そして、挨拶する喪主が心がけておかなければいけないことが、

「故人に代わって」という気持ちをもっておくことなんです。

もう亡くなってしまった故人は言葉を発する事が出来ない。

だから、故人に一番近い遺族代表としてあなたが、

参列者に申し上げるのです。

それだけ、大切なんです。

喪主の挨拶ってのは。

でも、そんな大切な「喪主の挨拶」…気が滅入りますよね。

故人への想いなんて抱いている時間が無い…。

そうなってしまうんですよ。

先頭に戻る

友人の急な他界。弔辞があなたに任されたら…

身内の不幸では無く、友人の不幸も突然襲ってきます。

身内の他界と同様に悲しいですよね。

そんな故人と親しかった貴方に、葬儀の場での弔辞をお願いされたら…。

そんなこと滅多に経験したことのない人がほとんどです。

どうしたら…?

そんな時にも、『葬儀挨拶代筆店』にお願いしましょう。

弔辞も、しっかり代筆作成してくれますよ。

任せられることは、業者さんに任せてしまいましょう。

貴方は、

故人の周囲の方々に、

心を寄せることが出来ますよ。

時間的に余裕があれば、

代筆店としっかり打ち合わせしての作成が可能になります。

より、故人の人柄やエピソードを盛り込むことが可能になりますね。

先頭に戻る

葬儀挨拶作成代筆店ってご存知?

わたしは喪主の経験が2回あります。

でも、こういう葬儀関連のサービス業があるとは思いもしませんでした。

確かに、ある程度のフォーマットというか、

ひな型があると思います。

それに習熟されている方が代筆したほうが、

素晴らしい挨拶文になることは想像に難くありませんよね。

この葬儀関連の挨拶文代理作成業に専念されている会社が、

この記事で紹介している『葬儀挨拶代筆店』なんです。

●『葬儀挨拶代筆店』のサービス内容

シンプルに一般的な挨拶文を作成するだけでなく、

次のようなサービスもあります。

①貴方が作成した挨拶文の添削

②電話での聞き取り取材もしてくれます(オプション)

③依頼から、最短24時間以内の納品が可能です。

自分の作成した挨拶文を添削してくれるサービスがあるのはいいですね。

↓↓↓葬儀挨拶代筆店の公式HPです

先頭に戻る

葬儀の挨拶文は代筆店にまかせましょう

貴方には、いろんなやるべき事があります。

やるべきこと以外にも、

あなた以外の遺族たちには、

配慮した行動を取る必要だってあります。

連絡作業だって大変ですよ。

他人に依頼できる事は、依頼してしまいましょう。

貴方にだって、故人への想いにふける権利はあるんです。

悲しむ時には、ほかの遺族たちと一緒に悲しみましょう。

気持ちに余裕を持たせるためにも、

任せられることは、業者さんへ依頼しましょう。

注意!

あくまでスピーチ(挨拶)の作成は、入金確認後になります。

先頭に戻る

まとめ

少しでも負担を減らしましょう。

負担を減らした分は、まわりへの配慮まわせばいいんです。

貴方の奥さまや、お子様たちの悲しみに寄り添いましょう。

負担が減ったら、それが可能になります。

でも、逆に全てを背負ってしまったら、

まわりへの配慮が出来なくなってしまいますよ。

こういう時ほど、心に余裕を持ちたいですよね。

記事でご紹介した『葬儀挨拶代筆店』のご利用を、

おススメしますね。

↓↓↓葬儀挨拶代筆店の公式HPです

【追記】

当記事を含めて、法要・葬儀関係の知識等は下記記事↓にまとめています。

『葬式、通夜、お墓、遺体処理、遺品整理、喪主、参列、法要、終活全て』

先頭に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする