悩みがあるとき、絶対観るべき映画-1おススメ動画配信、無料視聴も

この作品は、なんとスティーブンキング原作なんですよ(驚)

レンタルDVDのキングコーナーにあったのでホラー作品だと思っていましたが、帯に「感動の作品」という言葉に、一瞬疑いを持ちましたね(笑)

スティーブンキングが感動の作品

ま、上手い実力ある作家さんなので、観てみようかとなって・・・

結果は、鳥肌立つ感動!

ティム・ロビンズモーガン・フリーマンの名演技が素晴らしい!

無冠の名作であり、永遠、至高の名作!

この作品にぴったりの言葉。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

「ショーシャンクの空に」

あらすじ

1947年、若いながらも銀行副頭取のポジションに就くアンディは、身に覚えのない≪妻とその愛人を殺した≫罪に問われ、裁判にかけられる。結果、終身刑でショーシャンク刑務所への服役になった。

ショーシャンク刑務所では長年服役していたレッドが、またしても仮釈放審査の却下に落胆する。

ちょうどその場にアンディが護送されてきた。

アンディら新人受刑者たちは、ノートン所長とハドリー主任刑務官から脅しを含めた刑務所紹介をされる。その晩、ひとりの新人受刑者が取り乱し、ハドリーから暴力を受け死んでしまう。

アンディとレッドは交友関係に入り、あるときアンディ―は鉱物採集のための小さなロックハンマーをレッドに依頼し、さらに交友は深まっていった。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

しかし、アンディは荒くれ者のボッグス一味に性的行為を強要され始め、抵抗による生傷の絶えない生活を送ってもいた。

2年後、アンディはハドリー主任刑務官の遺産相続問題を知り、解決する。その報酬としての受刑者作業の仲間たちへのビール供給が、仲間たちからの尊敬を集め、同時にアンディ―は刑務官たちからも一目置かれるようになった。

その影響で、アンディ―がボックス一味からの襲撃に遭った際、ボックスはハドリーから半殺しの目に遭う。以降アンディ―を襲うものはいなくなり、一ヶ月後治療を終えたアンディにはレッドに注文していたリタ・ヘイワースの大判ポスターが退院祝いとして、自分の房に贈られていた。

その後、アンディは図書係に配置替えとなり、50年以上服役している老囚人ブルックスの助手となる。その目的は、ノートン所長や刑務官たちの税務処理・資産運用をアンディに行わせる為であった。

アンディは元銀行家としての能力を発揮し、また図書係としての働きにおいて手を抜かなかった。

アンディが罪に問われて7年後、ブルックスに仮釈放の許可が下りるが、塀の外の生活への恐れを抱き取り乱し始める。アンディ―やレッドらに説得され仮釈放を受け入れ、外の生活を始めたブルックスだったが・・・馴染めなかったことから首をつって死んだ。アンディ、レッドともに自身を責めた。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

更に9年後、所長は囚人たちの社会更生を図るという名目で、囚人たちを刑務所外で野外作業に従事させていた。その労賃ピンハネや土木業者たちからのワイロを受け始める。

アンディは「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、所長の不正蓄財を隠ぺいしていた。

アンディが罪に問われ18年後、新たに入所したトミーからアンディが罪に問われた事件の真犯人に心当たりがあると耳にする。

アンディは所長に再審査請求を頼むが、今のアンディを手放したくない所長は彼を懲罰房に入れ、考えを改めるよう迫る。

それでもくじけないアンディをあきらめ、冤罪証明のカギをにぎるトミーを(うその理由で)殺害し、再審査請求をアンディにあきらめさせた。

懲罰房からでてきたアンディは精神的異常を装い、レッドら仲間たちにまで心配させながら、脱獄のチャンスを狙っていた。

そしてついに脱獄した。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

アンディは、所長の不正蓄財を引き出すと同時に告発状を新聞社へ送り、メキシコへ逃亡。

間もなく40年の服役から仮釈放されたレッドは、ブルックスと同じように、塀の外での生活に絶望を感じたが、アンディの伝言を思い出し、信じてメキシコへ向かった。

青い海の海岸線で、アンディとレッドは再開を果たした。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

個人的、勝手な感想

希望が生んだ人間ドラマ、後半ラストの名ショットの数々。映画史に残る名シーンが頭に残ります。

画像引用元 VIDEOPASS.jp

一言で表現すれば、無実の刑を受けた無期懲役囚の脱獄物語。

なんか、こう書くと、全然ありふれたお話、で済んでしまいますよね(笑)

しかし、この作品が、初回はおろか、二回目、3回目の視聴に耐え、そのたびに感動を与え続けているのは事実です。いろんな映画評論をネットで検索してみて下さい。悪いことを書いている論評はないはずですよ。

緻密で張り巡らされた伏線の数々と、出演者たちの重厚な演技、原作が訴える、「罪を犯し、刑罰を受けると、こういう目に合うんだ」という、誰にでも理解できるシンプルな提起を、リアルに映像として映し出していること等が重なり合って、ひとつの映像物語に作り上げられているからなのだと思いますね。

何も難しいことを訴えているのでは無い、ですね(笑)

お金がないと、悩んでいるあなたの心に刺さる名セリフ

希望はいいものだ、たぶん最高のものだ。そして、決して誰からも奪う事はできない。

後半に出てきますよ。

再度、私も観たくなりましたね。

U-NEXTだったら、「ショーシャンクの空に」を観れますよ!

それも、申し込んで31日の間に解約すれば、無料!

ほかにもたくさん見応えのある作品があるから、迷ってしまいますね(笑)

見放題作品80,000本を31日間無料でご視聴できます。

★U-NEXTの配信本数、見放題作品本数について

1.見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本を配信しています(2018年10月10日時点)

2.U-NEXTの「31日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しています。

  • ビデオ見放題サービス1,990円を31日間無料
  • 600円分のU-NEXTポイントプレゼント

上記特典の利用で、見放題作品80,000本を31日間無料でご視聴が可能です。

3.「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

無料トライアル期間もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする